ブランクがある看護師さんの履歴書の書き方

ブランクがある人の履歴書の書き方

ブランクがある人の履歴書の書き方は、アピールする部分と謙虚な姿勢のバランスが非常に重要になってきます。

 

アピールする部分というのは、ブランク前の経験の部分でどういった職場でどのような看護業務を行っていたか、そして自分がどういったことを積極的に行っていたかなど、経験していたことを出来るだけ詳しく記載します。

 

例えば、履歴書の職歴に病院名だけを記載するのではなく、配属先やメインの診療科目なども記載すると、印象が良くなります。
また、ブランクがあるということでの謙虚な姿勢を打ち出すことも大切です。

 

例えば、志望動機の中に教育体制が整っていると聞いたので、などを書いていると謙虚な姿勢が見えてきます。
この時の注意点は、経験をアピールした上で謙虚な表現を記載することです。

 

経験をアピールせずに教育体制や復職支援などを志望動機に書いてしまうと、積極的なやる気があまり感じられない、教えてもらえるものと思っていると採用担当者に思われてしまいます。
「これだけ経験があるのに、ブランクのことも謙虚に受け止めている」という面接官への印象が大切なのです。

 

経験が浅くてブランクがある方は”一から頑張ります”という熱意を履歴書に込めるしかありません。