試用期間中に退職した看護師さんの履歴書の書き方

試用期間中の退職をした場合は履歴書に記入するの?

看護師履歴書

試用期間中の退職のケースは、正確に言うと雇用保険加入していれば履歴書に記載しなくてはいけません。
しかし、記載していなかった場合に大きな問題が発生するかというと、ほとんどそういったことはありません。

 

試用期間中の退職の履歴の前後も含めて、求人先の採用担当者の印象がどうなるのかを考えて、試用期間中の退職を履歴書に書くかどうかを決めるのがベストです。

 

試用期間中という短期間の退職は印象が悪いと思いがちですが、書かないとその間の職歴がなくなってしまいます。
つまり、空白の期間ができてしまうのです。

 

この空白の期間を設けるのと、試用期間中で退職した職歴を書くのとどちらが印象が良いかです。

 

例えば1年間の職歴の後に1ヶ月間の試用期間内の退職があったとします。
これは、短期間での退職が続くため、記載しない方が印象は良くなります

 

しかし、同じケースの場合に試用期間が3ヶ月で退職したとします。
このケースでは短期間が続くとはいえ、3ヶ月の空白を設けるよりは採用担当者が納得できる退職理由を考える方が良いとも考えられます。

 

試用期間中に退職した場合の履歴書の記載方法まとめ

1ヶ月以内に退職をしたケース

履歴書には記載しない

 

3ヶ月で退職をしたケース

3ヶ月の空白をしっかり説明できるか?採用担当が納得できる退職理由があるか?の2つを考える

 

試用期間中に短期間で退職した事実だけをどうするかではなく、前後の職歴とセットで考えることをお勧めします。

 

履歴書の添削をお願いしたい就職サイトランキング

履歴書の添削をお願いしたい基準。
それは貴方と向き合いしっかりと要望を聞いてくれるエージェントといえます。

 

あなたと向き合わない限り要望は分かりませんし、向いている職場も分かりません。
そのため業務が細分化された就職サイトよりも老舗や中堅どころのサイトがおすすめできます。

 

最も賢い方法は大手と中堅の両方に登録をすることです。
大手は求人数は豊富にありますし、中堅サイトはあなたのことを考えてくれるからです。

 

ここでは転職希望の看護師さんと徹底して向き合う就職サイトをランキング形式でご紹介します。